地震でガスが止まった

  1. 1まずは身の安全を確保しましょう

    まずは机の下に身を隠すなどをしてください。 震度5相当以上の地震の場合は、ガスメーター(マイコンメーター)が自動的にガスを遮断します。 あわてず落ち着いて行動しましょう。

  2. 2揺れがおさまったらガスの火を消してください。

    地震がおさまってから、ガス機器の器具栓を閉め(消火)、ガス栓(元栓)も閉めてください。 しばらくの間、ガス臭がしないかよく確かめてください。 その間、換気扇などの蛍光灯や換気扇、家電の電源スイッチを入れたり電気類のスイッチには絶対に触らないでください。

    ガスの臭いがするときは、すぐに窓や戸を開けて換気してください。 このとき、換気扇などの電気類のスイッチには絶対に触らないでください。 カンプロへ電話し、屋外に避難してください。

  3. 3地震のあと、再びガスを使うとき

    再びガスをお使いになるときは、ガス臭くないかよく確かめてからガス栓を開いてください。 ガス栓を開いてもガスが出ないときは、安全のためマイコンメーターがガスを遮断している場合があります。 メーターの復帰方法手順に従って復帰してください。

     
    復帰する際は次のことを確認してください。
    • ガス機器周囲でガスの臭いはしませんか?

    • ガス接続具が正しく接続されているか確認してください。 接続具に外れがないか目視確認してください。

    • ガス機器本体に変形・破損等異常はありませんか?

    • 煙突式など屋内外の給排気設備の確認をしてください。 外れ・凹み・閉塞がないか可能な範囲で目視確認してください。