会社全体のレベルを向上させることはもとより、社員一人一人のスキルが向上し、いきいきと仕事ができるようにするために教育は大変重要な意味を持ちます。カンプロではそのような観点から次のような教育を実施しています。

その1、資格取得支援

LPガスの業務を行うためには、「高圧ガス保安法」と「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」に基づく、「高圧ガス取扱主任者」、「高圧ガス第二種販売主任者」、「液化石油ガス設備士」等の資格が必要となります。担当業務によって必要な資格を取得することになりますが、特に営業職においては第二種販売主任者と液化石油ガス設備士の資格が必須となります。

これらの資格はどれも国家資格で、取得すれば個人の財産ともなりますが、これらの受験、講習等の費用補助等の支援を行います。また、取得した資格に応じた手当の支給もあります。

その2、新人教育

新しく入社された方には安心して早く職場に慣れてもらうことが必要です。LPガスの基礎知識を学び、期間を設けて各部署の業務を体験してもらうことで会社の仕事に対する基礎的な理解を得ることができます。

また、新人向けの集合研修としてビジネスマナー研修や組織コミュニケーション基礎などの参加型の研修を実施しています。集合研修は部署間の交流の場ともなり、社員間の相互理解も深まります。

その3、階層別研修

定期的な社内研修として中堅層の社員に対しては次世代リーダーのための「ビジネスコーチング」等の社内研修を行っています。また、役職者は企業のミッション・ビジョンを実現するためのより具体的な問題解決策に関して毎月議論する場を設けています。